新聞與時事 - 中国WeChatを徹底的にパクる、フェイスブックの新戦!臉書的新戰略—徹底地山寨微信 - 生活

前往內容


中国WeChatを徹底的にパクる、フェイスブックの新戦!臉書的新戰略—徹底地山寨微信


Chaay_Tee / Shutterstock.com

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは、3月7日のブログで、プライバシー重視の方向を打ち出し、メッセージ機能や決済、Eコマースへの注力を進めると宣言した。

フェイスブックが決済やEコマースに注力することは、中国のWeChatの模倣とも受けとめられている。同社の決断は、米国企業による中国のイノベーションのコピーの新たな一例といえるだろう。

今から十数年前に中国の人人網(レンレンワン)はフェイスブックを真似したSNSを始動させたが、今ではフェイスブックが中国を真似するポジションになったのだ。

中国のモバイルアプリは西側のアプリよりも、コンテンツやソーシャル機能、Eコマースの充実度で先を行っている。WeChatは買い物を便利にし、決済手段として使えるSNSで、アプリの機能的にフェイスブックを上回る。

テンセントが誇る、スーパーアプリであるWeChatの利用者は10億人を超えている。また、決済機能のWeChatペイの利用者は約9億人で、銀行口座やクレジットカードと連携させたモバイル決済が可能だ。

WeChatには2017年1月にミニプログラム機能が追加され、コンテンツとEコマースをダイレクトにつなぐ、ミニショップも始動した。中国が世界に先駆けて導入したSNSのマネタイズ手段であるミニショップの利用者は、その後の2年で2億人に到達した。テスラやウォルマートも既に、WeChatでミニショップを開設している。

ミニショップではEコマースはもちろん、位置情報と連携したデリバリーやレンタルサイクルの手配も可能だ。

WeChatは現時点では米国市場に関心を示しておらず、フェイスブックにとってこれはチャンスといえるだろう。米国内でもWeChatをコミュニケーションに用いることは可能だが、決済が利用できるのは中国の銀行に口座を持つ人に限られている。

フェイスブックが中国企業のイノベーションを模倣するのは、これが初めてではない。フェイスブックは昨年、TikTokを真似たアプリ「Lasso」を米国向けにリリースした。中国のメディアはLassoについて「フェイスブックによる100%のパクリアプリだ」と書いていた。
新着を受け取る
編集=上田裕資
說到美國山寨的時候語氣異常的平和及肯定啊。和說中國山寨時候畫風完全兩樣。

跟島上的評論畫風沒什麼不同



皇民末路 wrote:
TikTok...(恕刪)


看到中國抖音TikTok apps,

在今年2月,也就是上個月,在印度成為下載第一的社交軟體。
第三名是中國Like, 第二跟第四是美國what's app與Facebook.


皇民末路 wrote:
Chaay_Tee ...(恕刪)


美国的山寨能叫山寨吗?

1頁 (共1頁)

前往




此文章的引用連結